「データ活用によるDX」で、
継続的成長できる価値を生み出す
「データマネジメント」
「データ活用によるDX」で、
お問い合わせ

目まぐるしく変化する市場環境に即座に対応し「企業競争力を高める価値」を生み出し続けるには、データを使いこなす「アビリティ(能力)」と「アジリティ(俊敏性)」が不可欠です。

データ活用で成果を出すためには、柔軟性を備えながら、安全かつ高性能、そして、低コストに「データを利活用できる状態」を維持できる「データマネジメント」が非常に重要になります。また、データドリブンな企業への変革には「データマネジメントの内製化」が効果的で、「データ活用によるDX」の成功の鍵を握ります。

常にスピーディにデータを利活用できる状態を保つ「データマネジメント」

収集、ガバナンス 活用可能なデータを統合・蓄積、分析、利用、内製化で促進 アビリティ(能力)とアジリティ(俊敏性)スピーディな価値提供・経営判断

データとデータベースの双方に精通する業界トップクラスのコンサルタントが内製化企画から体制構築、データガバナンス、データ活用基盤構築、運用まで、「データマネジメント」をトータルにご支援いたします。

また、D.Forceでは「データ活用によるDX推進」において発生し得る、ビジネス領域のパートナーや、AI・データサイエンス等の先端ソリューションプロバイダー等の探索・選定についても、弊社の業界知見を活かし、また、中立的な立場・視点で「御社のDX」に最適な企業をご提案。データドリブンなビジネス変革を成功に導くパートナーとして「データ活用によるDX」を上流から下流までご支援いたします。

D.Forceのデータ活用DX支援メニュー

内製で高速に成果を挙げるデータマネジメント体制の構築、アジリティとコストパフォーマンスを高めるクラウドの活用→データを利活用できる状態を維持 サービスメニューはこちら データマネジメント内製化、パートナー調達支援、データ活用基盤立案・構築、データベースのクラウド移行、データベース信頼性エンジニアリング(データベース運用)

こんな課題にお応えいたします
  • データドリブンな企業として変革するために取り組むべきことを教えて欲しい
  • DXにおけるデータマネジメント体制の構築、データガバナンスの助言が欲しい
  • データやデータ基盤に関わる業務のスピードと生産性を高めたい
  • データマネジメント業務の委託費用が高いので、調達を最適化したい
  • ビジネスで優位に立つために、クラウドを利用したデータ活用基盤のあるべき姿を知りたい

上記以外にもデータやデータベースに関する課題についてお気軽にご相談ください。

対応可能なデータベース

Amazon
Amazon RDS(Amazon RDS for PostgreSQL、Amazon RDS for MySQL、Amazon RDS for MariaDB、Amazon RDS for Oracle、Amazon RDS for SQL Server)
Amazon Aurora(Amazon Aurora with PostgreSQL Compatibility、Amazon Aurora with MySQL Compatibility)
Amazon Redshift、Amazon DynamoDB、Amazon ElastiCache、Amazon DocumentDB、Amazon Managed Apache Cassandra
Amazon Neptune、Amazon Timestream、Amazon QLDB
AWS Database Migration Service(DMS)、AWS Schema Conversion Tool(SCT)
Amazon EC2上にインストールした各種データベース
Azure
Azure SQL Database、Azure Database for MySQL、Azure Database for MariaDB、Azure Database for PostgreSQL、SQL Server on Virtual Machines、Azure Synapse Analytics、Azure Cosmos DB、Azure Cache for Redis、Azure Time Series Insights、Azure Database Migration Service
Google
Google Cloud Bigtable、Google BigQuery、Google Cloud SQL for MySQL、Google Cloud SQL for PostgreSQL、Google Cloud Spanner、AlloyDB for PostgreSQL、Google Cloud Firestore、Google Cloud Memorystore
Oracle
Oracle Cloud、Oracle Autonomous Data Warehouse、Oracle Autonomous Transaction Processing、Oracle Database Cloud Service、Oracle Database Exadata Cloud Service、Oracle NoSQL Database Cloud Service、Oracle Autonomous JSON Database、Oracle Data Hub Cloud Service
その他
Snowflake、Databricks

D.Forceの強み・特長


データとデータベースに精通。
業界をリードするエキスパートが
「データマネジメント」を指南

「DXのためのデータマネジメント」に取り組む際、何からどのように手をつけたら良いかわからない…という声をよくお聞きします。

「データマネジメント」の領域は非常に広く、領域ごとに方法やツール、サービスが多様にあります。全領域を理解したうえで、自社の目的達成に最適な取り組みかを判断することは難しく、多くの企業が苦戦されています。

D.Forceでは、データとデータベースの両方に精通し、業界をリードするトップレベルのエキスパートがデータマネジメント領域における豊富な経験と知見を元に、データマネジメントへの取り組みを立案するところからわかりやすく丁寧にご支援いたします。

また、主要な製品ベンダー、SI/コンサルティング会社、データベース専門ベンダーとのネットワークを持っており、対等な協力関係の構築をご支援いたします。


中立の立場で
「お客様の利益」を徹底的に追求

D.Forceは、データベースを専門とするブティック系コンサルティング会社です。完全独立性を保ち、中立の立場でお客様の利益となる支援を徹底的に追求いたします。

すべての主要データベース、プラットフォームに対応し、特定のメーカーや製品に偏ることなく、お客様が目指す姿や課題、環境等を考慮し、最適なご提案をいたします。


高品質は当たり前。
ミッションはお客様の成果創出
=ビジネスや組織の成長・変革への貢献

D.Forceは著書執筆や講演実績を持つ、業界屈指のコンサルタントのみで構成されています。

品質が高いことはもはや当然のこと。お客様の投資に対し、ビジネスや組織を確実に成長・変革させることをミッションに、顧客ファーストでご支援いたします。

D.Forceの
データ活用DX支援メニュー

データ活用DX支援メニューの図 データマネジメントの内製化 パートナー調達支援 データ活用基盤立案・構築 データベースのクラウド移行 データベース信頼性エンジニアリング

データとデータベースに
精通する
D.Force
エキスパート

川上 明久 
D.Force 代表取締役社長

データマネジメント業務の内製化、データベース全般のコンサルティングに多数の実績・経験を持つ。クラウド黎明期からいち早くクラウドでのデータ基盤構築、データベースのクラウド移行・コスト削減ソリューションを顧客企業に提供。海外データベース製品の国内初導入のプロジェクトに複数関わるなど、データ基盤の先端領域での経験を積み重ねる。データマネジメント組織構築等のテーマで著書や専門誌への記事連載、また、AWS/Oracle/マイクロソフト等の主要ITベンダーの主催イベントでの講演を行うなど、業界ナレッジ向上、データマネジメントの普及・促進にも貢献する。

メディア掲載

日経クロステック、日経コンピュータをはじめとする100本以上の執筆記事に加え、
講演取材記事や専門家としてのコメント寄稿など、多くのIT系媒体に掲載されています。

日経クロステックにて
記事連載中(全17回予定)

実践DX、クラウドで始める
データマネジメント

データ活用を成功に必要条件となる「DXに寄与する新たなデータマネジメント」。変化し続ける時代に対応したスピーディー、かつ、柔軟に実行できるクラウドで始めるデータマネジメントについて、組織やスキル、マネジメント業務の内容、その進め方までをこの連載で解説いたします。

今後掲載予定のテーマ

  • データ品質管理
  • データガバナンス
  • ビッグデータとデータサイエンス
  • データセキュリティ
  • メタデータ管理

D.Forceの
ご支援実績・事例

ご支援の流れ

ヒアリング

  • プロジェクトの目的やお困りごとをお伺いし、当社がお役に立てる範囲についてご支援内容を提案いたします。
  • 専門外の領域についても、フィットするパートナー候補の探索・選定・紹介が可能です(ご支援実績もあります)。
  • ビジネス領域等も含め、御社のゴールについて詳しくお聞かせください。

調査・企画

  • 目的に応じて計画立案をご支援いたします。
  • 短期に成果を出しながら取り組みを広げていきたい等、御社の方針や制約条件を考慮のうえ、内容を検討いたします。
  • 他社事例や業界・業務ナレッジとともに、お薦めの対応方法をご提示し、御社と議論のうえ、最適な企画を仕上げます。

課題対応の実施

  • 課題に応じて、最適なご支援方法を選定し、実施いたします。
  • 課題別の実施内容については、各サービスページをご参照ください。

フォローアップ

  • 長期の目標に沿って計画を見直しながら、業務や体制を逐次充実していけるようフォローアップを行いながら、段階的にご支援いたします。
  • 事業部門の実施施策やテクノロジーの進歩・変化等に合わせて、御社とご相談しながら逐次必要なご支援を行います。

よくある質問

大手コンサルティング会社やSIではなく、D.Forceに依頼するメリットは何ですか?

プロフェッショナルとして良識を持ち、中立の立場で顧客満足を目標にサービスを提供しています。受託案件の規模拡大、製品販売ではなく、お客様の目標を効率的に達成するための支援を提供します。オーバースペックな製品販売につなげるための選定やサイジングをすることはありません。貴社の立場でRFP作成やベンダー選定・コントロール支援も可能です。

初期は大きな予算が取れないため、少額からのスモールスタートを想定していますが、ご支援は可能ですか?

データマネジメントの内製は検討、調査から小さく始めて育てることが多くあります。最初は少ない工数から支援していき、お客様内で成果を出していただくにつれて幅広い支援をしていく、という形で長期で支援を求められることが多いです。

単価はどれくらいですか?

ご支援内容の難易度やアサインするメンバーによってお見積もりいたしますが、大手コンサルティング会社と比べて、専門領域に精通したメンバーが常識的な単価でご支援しますので、コストパフォーマンスの高さを感じていただけると思います。

メールでお問い合わせContact